自分の体でまず実験

引き続き食育関係の記事になりますが、この食育指導員になるためのテストというか過程はとてもおもしろくて、一連の講義で学んだことを初日から自分の体で実験し、それを約3ヶ月間毎日継続してみるところです。

私の場合は、2ヶ月間で体重は1.5㎏、お腹回りは2cm小さくなりました。けっして食事の摂生をしたわけではありませんが、気を付けていることは2点あります。

①やや固めに炊き上げたお米を、毎朝必ず食べる。よく噛んで。
②何もお腹に入れない時間(絶対空腹時間)を10~12時間つくる。

これだけです。たまには遅くまで仲間と話がつきないなんてこともあり、更に白状すればビールの量も増えていますが、けれども体は軽く感じるし、なにしろ薄味の食事が美味しく感じるようになったことが嬉しいですね。

よく噛んで食べる食事法、おすすめですよ。

0 Responses to “自分の体でまず実験”


  • No Comments

Leave a Reply

post date*

日本語が含まれない投稿は無効となりますのでご注意ください。(スパム対策)